顧問税理士を頼むとどんないいことがあるの?

顧問税理士などというと、わたしのような会社と縁の無い者からすればとても大層なものに感じますが、顧問税理士と契約することで、どのようなメリットが生じるのでしょうか。
顧問税理士のメリットは、大まかにいうと2つあります。ひとつは、税務に関する必要なことを顧問税理士に依頼することによって生じるフリーな時間を獲得できること、もうひとつは、節税対策を税理士の専門性の高い目線から行うことができること。要するにこれらのことに顧問料以上の価値と魅力を感じるのであれば、月に数万円を支払ってでも顧問契約を結ぶべきだし、逆にそれしきのことにお金を払うことなどできないと感じるのであれば、顧問契約を特に結ぶ必要はないといえます。
しかし現在特に顧問税理士が必要ではないと感じている方でも、本業が充実してくれば、どうしても税務関係などの事務処理に携わる時間がなくなってきます。本業に専念する時間を顧問税理士と契約することで、買うと考えれば、忙しくて仕方が無いという方であれば必ずメリットのあることでしょう。また、税務についてそこまで詳しくない我々と、税務のプロである税理士の目線からでは、節税についても全く変わったものとなるでしょう。どうせならば、税理士に依頼した方が、より無駄な税金を払う必要の無いプランをたててくれるかもしれませんね。やはり、無駄なお金は払いたく無いものですからね。
また、劉備玄徳が諸葛孔明を得て大躍進したように、どのように力と魅力のある経営者でも、一人で何かをやるというのには限界があるものです。ですので、税理士のような専門性の高い職業の方を軍師指南役のような立場として相談するというのも、顧問税理士の正しい使い方です。やはり人間は社会的な生き物ですので、一人より二人の方が力を出すことができます。あなたの会社の税務関係ははっきりと顧問税理士を信頼・相談をして、任せてしまう方が、あなたの経営者としての力が十二分に発揮できるかもしれませんよ。やはり、経営者と事務方では発揮するべき才覚が異なります。あなたが税務に関しての事務処理に時間を割いている間にも、あなたの経営者としての才覚が窮屈なものとなっていっているかもしれません。