税理士事務所はどのように選ぶべきか

会社設立が無事完了すると、あなたはどうするでしょうか。本業の充実、拡大を狙うのでしょうが、そのためには避けては通れないものがあります。税理士との顧問契約です。やはり、日々膨大な量の事務処理に面をつき合わせながら本業を行うというのは本業が順調になればなるほど、厳しいところがありますので、顧問契約は考えるべきでしょう。
では、税理士事務所はどのようにして選ぶべきなのでしょうか。サービス面を中心として、考えてみます。
まず、税理士の基本的な業務は、以下の3つになります。税務申告・税務相談、節税対策・税務調査対応、経理指導又は記帳代行です。やはり、税理士を頼む側として重視すべきは、節税対策を会社の側の目線で行うか、税務署目線で対策をするか、でしょう。税務署の手先のような税理士と契約をしていると、あれもこれもと税金がかかるようになってしまうでしょう。もちろん脱税など持っての他ですが、こちらの差配次第で税金が安くなる案をどんどんと出してくれるような税理士に依頼するのが、最もよいでしょう。
また、経理についての指導を行ってくれるのも、税理士事務所ならではですね。会計ソフトの使い方などを丁寧に指導してくれるようですから、まだ事務員が充分に育っていないのであれば、経理指導の上手な税理士事務所に依頼するべきでしょう。
税理士事務所を選ぶ時、大きな事務所と小さな事務所、どちらが良いのでしょうか。これは一概にはいえないのですが、一般的に大きな事務所の方が税理士がたくさんいる分だけ、様々なサービスが充実しています。その分、値段は割高となるかもしれませんね。ただし割高とはいっても、経営についてのコンサルタントを行っているようなところであれば、その適切なアドバイスによって業績が上がるかもしれませんので、価格ばかり見ていては肝心なところを見落としてしまうかもしれませんね。基本的に税理士事務所のかかるお金のほとんどは人件費であって、価格が安いということは、人件費を削っているわけですから、どこかサービスの質を低下せざるをえないところがあるものなのです。やはり、充分な税務面でのカバーをしてもらいたいと考えるのであれば、大きな税理士事務所を訪ねるのがよいでしょう。